9:30~18:30
(日曜日 : その他:GW,お盆,年末年始)
2018年12月14日
ブログ

【浅草寺】羽子板市【12月17日~19日】

2018年12月17日(月)から19日(水)までの3日間、浅草寺境内で「浅草・羽子板市」が行われます。
「羽子板市」は浅草の年の瀬を華やかに彩る、冬の風物詩です。

羽子板市とは?

毎月18日は観世音菩薩の縁日ですが、その年の最後、12月18日は「納めの観音」と呼ばれ大いに賑わいます。

人出を見越し、境内に正月用の品や縁起物の品を売る露店が集まるようになり、やがて「歳の市」と呼ばれるようになりました。

歳の市は他の寺社周辺でも催されましたが、浅草寺の市の規模は江戸随一であり、また、江戸の歳の市は浅草が最も古く、万治元年(1659年)両国橋が架けられた頃には行われていたと言われています。

 

そんな浅草寺の「歳の市」で羽子板が加わり売られるようになると、華やかさが人目をひくようになりました。

その華やかさから押し絵羽子板が「市」の主要な商品となり、いつしか歳の市が「羽子板市」といわれるようになりました。

 

今では、浅草の年の瀬の風物詩となっています。

30軒ほどの羽子板露店が出店します

浅草寺・羽子板市の当日は、30軒ほどの羽子板の露店の他、数多くの屋台・露店が仲見世あたりから境内にかけて軒を連ね、威勢のよい三本締めの声が響きわたります。


羽子板市の羽子板は、定番の江戸情緒ある歌舞伎の絵柄に加えて、話題の社会風刺、時事や人気タレントなどを題材にした変わり羽子板など多彩な作品が販売されます。

また、店主の口上と客とのやりとりは周囲の見物客も楽しませ、見ているだけでも華やかな雰囲気が楽しめます。

 

【浅草・羽子板市2018概要】

名称:浅草羽子板市(納めの観音ご縁日)
日程:2018年12月17日(月)~12月19日(水)
時間:9:00頃~21:00頃
場所:浅草寺境内

 

「浅草・羽子板市」は朝9時~夜9時頃まで開催されます。
今年の羽子板市は平日開催ですが夜9時頃まで開催されておりますので、お仕事終わりに少し足を伸ばして、浅草の年末の江戸情緒を感じに来てください!

arrow_upward