9:30~18:30
(日曜日 : その他:GW,お盆,年末年始)
2018年11月29日
ブログ

【西浅草1丁目】ボワ・ブローニュ【パン屋さん】の紹介

銀座線「田原町」駅の近く、浅草通り沿いに「ボワ・ブローニュ」というパン屋さんがあります。

知る人ぞ知る人気のパン屋さんです

浅草のパン屋さんと言えば、「パンのペリカン」が有名ですが、浅草には老舗から新興までたくさんのパン屋さんが揃っています。

「ボワ・ブローニュ」はホテルとビルに挟まれた2階建ての小さな建物で営業しており、注意しないと通りすぐてしまいそうなお店ですが、実は知る人ぞ知る人気のパン屋さんです。そんな佇まいとは裏腹に、宮内庁御用達のパン屋さんで毎朝菓子パン類を届けているそうです!

その他、数々のメディアにも登場しています。

 

「ボワ・ブローニュ」は創業37年の老舗のパン屋さん。

元々ご実家はかっぱ橋で100年以上続くパンと洋菓子の道具屋さんで、ご子息のお一人がパンが好きで、その道具屋さんの「パン製造部門」として昭和55年にこの地にパン屋さんをオープンしました。

もちろん創業者はパン好きなだけではなく、四谷や鎌倉のパン屋さんで10年以上、修行をされたそうです。


お店は浅草にありますが、パンを焼く工場は浅草橋にあり、そちらでも販売を行っています(「ボワ・ド・ブローニュ 」:台東区浅草橋5-4-4)

看板商品は「ブドーパン」

「ボワ・ブローニュ」の看板商品はブドーパン

「ブドーパン」を手に取ってみると、本当に溢れんばかりのブドウがたっぷり使用されており、その重量に驚かれると思います。どうしてこんなにブドウをギッシリ入れたのかというと、小さい頃、ブドウパンに入っているブドウを兄弟で取り合ったそうなのです。なので、そうしなくても良いように、たくさんのブドウを入れたそうです。

ブドウの量が多いだけでなく、レーズンは芳香な香りがあり、ジューシーです。また、香ばしいパンの皮がレーズンの甘みを引き締めてくれ、美味しいです。

このブドウパンを求めて、常連さんのみならず、遠くからやってくるお客さんや田舎へ送りたいと5~6本まとめて購入する方も多いそうです。

 

そんな「ボワ・ブローニュ」ですが何と無休で朝10時~午後11時まで営業しています。

ブドーパンが焼かれるのは火・金・土のみですが、お店はいつでも開いてますので、ぜひ寄ってみてください。

ブドーパンだけでなく、「クリームパン」や「やきそばドック」、「メロンパン」など美味しいパンは他にもたくさんあります!

 

浅草観光のついでに是非、立ち寄ってみてください!

arrow_upward