9:30~18:30
(日曜日 : その他:GW,お盆,年末年始)
2018年12月26日
ブログ

【浅草寺】参拝方法【初詣にお役立てください】

今年もあと数日となり、浅草寺では既に新年を迎える準備が進んでおります。

初詣で浅草寺を参拝される方も多くいらっしゃると思いますので、浅草寺の参拝方法を紹介いたします。

浅草寺の参拝方法を紹介します

1.山門(雷門)合掌一礼

昨日のブログでも紹介しました「雷門」で合掌一礼を行って境内(仲見世)を進みます。

 

2.お水舎で清める

仲見世を進むと、お水舎(おみずや)がありますので清めます。

【お水舎での作法】

(1)右手でひしゃくを持ち、左手を洗う

(2)左手に持ち替え、右手を洗う

(3)再び右手でひしゃくを持ち、左手に水を溜めて口をすすぐ

※その際、ひしゃくに口をつけてはいけません。

ちなみに、口をすすいだ後ひしゃくを立てて、残った水でひしゃくの柄を洗うとスマートです。

3.常香炉にお香を供え、煙を浴びる

さらに本堂に向かって進むと常香炉(じょうこうろ)があります。ここでお香を供え、煙を浴びて心身を清めます。

4.本堂に参り礼拝する

常香炉を抜けるといよいよ本堂です。本堂での作法は次の通り。

【本堂での作法】

(1)お賽銭を入れる

(2)合掌して一礼

(3)軽く一礼

※神社とは違って柏手(拍手)は行いません。

5.山門から出る際に、本堂に向かって合掌一礼

以上となります。

 

浅草寺は三が日での参拝者が約280万人(東京都内では明治神宮に次ぐ第2位)とも言われており混雑必至のスポットですが、それだけ御利益があるとも言えると思います。

大混雑の中、完璧な参拝をするのは難しいかもしれませんが、ぜひ参拝方法を参考に行って、気持ちの良い新年をお迎えください。

 

 

 

有限会社アートライフ

 

arrow_upward