9:30~18:30
(日曜日 : その他:GW,お盆,年末年始)
2018年12月29日
ブログ

【浅草寺】混雑予想【大晦日~正月三が日】

今年もあと、今日を入れて3日となりました。

先日のブログでも少し触れましたが、浅草寺の初詣参拝者は明治神宮に次ぎ東京都内第2位と言われています。

例年浅草寺に初詣に行っている経験も基に、浅草寺の初詣混雑状況を予想してみたいと思います。

浅草寺の初詣混雑状況を予想します

浅草寺の三が日の参拝者数は約280万人と言われており、この数は明治神宮の約300万人に次ぐ、東京都内では2番目に多い数です。

 

1日当り約100万人の参拝者が訪れるわけですから、ものすごく混雑します。

ただ、時間帯等によって混雑の波がありますので、その辺りを紹介したいと思います。

 

【大晦日】

例年、NHKの「行く年来る年」が始まるころから(23時45分頃)、近所の方を中心に初詣に赴く人が増えます。

ピーク時間は23時頃から翌午前4時頃まで続き、仲見世に行列ができます。

お賽銭までの並び時間は約2時間から3時間ほど待ちます。

【元日】

年越し直後の行列は午前4時頃に一旦、落ち着きます。

その後は午前10時頃から夜までピークが続きます。

特に、正月のあいさつやおせち料理を自宅で食べ終えたであろう参拝者の方々が、正午過ぎ頃から参拝に赴かれ、元日の午後は特に混雑します。

【1月2日】

元日ほどではありませんが、午前10時頃から夜まで混雑します。

【1月3日】

元日・1月2日にほとんどの方が初詣を終えられ、比較的スムーズに参拝をすることができます。

「仲見世」と「出店」の営業時間

雷門から本堂に向かってまっすぐ伸びている「仲見世」。

通常は午前10時~午後5時が営業時間ですが、三が日は営業時間を延長して午前9時~午後7時頃まで営業しています。

 

また、初詣の時期は境内にたくさんの出店が出ます。

出店の営業時間は、大晦日の午後10時頃~元日の午後7時頃まで。

1月2日と3日は午前9時半~午後5時か6時頃まで営業しています。

 

 

比較的混雑を避けて仲見世や出店も楽しめるのは、元日の早朝か1月3日の日中が良いのではないかと予想します。

浅草寺へ初詣に赴こうとお考えの方の参考に、少しでもなれば幸いです。

年末は寒波が来ておりますので、暖かい格好のうえ、お出掛けください。

 

 

有限会社アートライフ

 

arrow_upward