9:30~18:30
(日曜日 : その他:GW,お盆,年末年始)
2019年12月04日
ブログ

【浅草寺】浅草羽子板市2019【12月17日~19日】

2019年12月17日(火)から19日(木)までの3日間、浅草寺境内で「浅草羽子板市2019」が行われます。

羽子板市は浅草の年の瀬を華やかに彩る、冬の風物詩です。

羽子板市とは?

毎月18日は観世音菩薩の縁日ですが、その年の最後、12月18日は「納めの観音」と呼ばれ大いに賑わいます。

縁日では参詣人が集まるため、日常生活用品を商うための「市」が立つように。

納めの観音でも、境内に正月用の品や縁起物を売る露店が集まるようになり、「歳の市」と呼ばれるようになりました。

「歳の市」とは、その歳の最後の市のことです。

 

そんな浅草寺の「歳の市」で羽子板が加わり売られるようになると、華やかさが人目をひくように。

その華やかさから押し絵羽子板が「市」の主要な商品となり、いつしか歳の市が「羽子板市」といわれるようになりました。

 

今では江戸時代の情景が楽しめる、浅草の年の瀬の風物詩となっています。

50軒ほどの露店が並びます

浅草羽子板市では浅草寺本堂周辺に、見事な装飾を施した羽子板や羽根、凧や正月の縁起物を売る露店が50軒ほど並びます。

 

江戸時代では、歌舞伎の人気役者の舞台姿を写した羽子板が市に並べられ、人々は自分の贔屓役者の羽子板を競って買い求めました。

役者さんにとっては自分の羽子板の売れ行きが、人気のバロメーターになっていたそうです。

今でも羽子板市では、定番の江戸情緒ある歌舞伎の絵柄に加えて、話題の社会風刺、時事や人気タレントなどを題材にした変わり羽子板など、多彩な作品が販売されます。

 

今年の羽子板市は平日開催ですが、夜9時頃まで開かれます。

お仕事終わりに少し足を伸ばして、浅草の年末の江戸情緒を感じに来てください!

今年を振り返る羽子板が並び、威勢の良い店主の口上は、見物するだけでも楽しめます。

 

【浅草羽子板市2019概要】

日にち:2019年12月17日(火)~12月19日(木)

時間:9:00頃~21:00頃

場所:浅草寺境内

この記事を書いた人
石原 一仁 いしはら かずひと
石原 一仁
新しいもの好きで、面白いお店が出来ていないか上野・浅草周辺を日々散策しています。 フットワークを活かして、皆様のご期待に添えますよう頑張ります!不動産に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。
arrow_upward