9:30~18:30
(日曜日 : その他:GW,お盆,年末年始)
2020年04月01日
ブログ

【2020年】地価公示が行われました【台東区】

先日(2020年3月18日)に最新の地価が公示されました。

地価とは、毎年1月1日時点の土地の価格を、国土交通省が公表しているもの。

 

不動産はひとつとして同じものが無く、定価もありません。

公示地価も、あくまで土地取り引きの1つの目安ですが、同じポイントの価格を毎年発表するので、地価変動を知る参考になります。

上昇率最高は浅草1丁目

「東京都」では、去年に比べ住宅地は2.8%、商業地は7.2%上昇しています。

 

特に目を見張るのが、浅草の上昇率

①「浅草1-1-2(弘隆ビル)」(2020年公示価格500万円/㎡、対前年変動率+34%
②「西浅草2-13-10(蔵田フラッツ西浅)」(2020年公示価格180万円/㎡、対前年変動率+32%

 

上の2つは、都内商業地の地価上昇率トップ2です。

しかもこの2つは、以前のブログでも紹介しましたが、昨年の上昇率1位と3位です。

 

東京圏の地価公示は7年連続で上昇しており、そんな中での、この上昇率。

しかも虎ノ門や渋谷など、大規模な再開発が行われているエリアを押さえての結果です。

浅草がいかにポテンシャルの高い街であるかが、数値化されたものだと思います。

これからは正念場

インバウンドの後押しもあって、今まで以上に不動産取引に活気が出ていました。

台東区でも観光客の増加が、商業地だけではなく、住宅地などの地価も押し上げる結果となっていました。

しかし、冒頭でも書かせていただきましたが、公示地価は毎年1月1日時点での価格。

新型コロナウイルスの影響が長引けば、インバウンド効果が高いエリアを中心に、地価への影響は避けられません。

 

更に地価が上がるということは、所有不動産に係る税金が増えるということ。

元日と同じ状況であればまだ良かったのですが、この3か月の間に事態は一変しました。

 

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が落ちた企業に対して、固定資産税を減免する方針を固めました。

しかし、まだまだウイルスの影響は計り知れません。

所有されている方にとっては、地価の上昇を手放しでは喜べない、むしろ足枷になっている状況が続いています。

 

今はただ1日でも早い、以前の日常が戻ってくることを願うばかりです。

もしご所有不動産の活用方法について、お悩みの事などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

もちろんご相談は無料、秘密は厳守いたします。

 

この正念場を共に乗り切る、お手伝いをさせていただければと思います。

 

 

有限会社アートライフ

 

この記事を書いた人
石原 一仁 いしはら かずひと
石原 一仁
新しいもの好きで、面白いお店が出来ていないか上野・浅草周辺を日々散策しています。 フットワークを活かして、皆様のご期待に添えますよう頑張ります!不動産に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。
arrow_upward